スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初×2+後悔多数

自転車
05 /24 2011
5月8日に2回目の朝練に参加してきました。すでに2週間も経過しているのに今頃感満載ですがとりあえず書きます。ちなみに今回もゆっくりサイクリングです。今回は平の沢池というところまでまったり往復です。往復終わった時点で60kmくらいだったので以前から行ってみたかったるり渓というところに行くことにした。往復で40kmだからそうたいした距離ではない。

この思い込みが大きな間違いであった。。。

実は片道40kmだったんです。往復80km。。。。軽く100km超える数字。今年まだ3ケタは走ってないのに。それに気付いたのは20kmくらい進んだ平の沢池だった。

『どうしよう。。。。』

とちょっと考えるふりをしてみるも答えは決まっている。行ける所まで行ってみようひた走ること数分、向かい風のため80kmも走らないうちに脚にきた。心がちょっと折れかけたところで記念撮影。

みなさん、男前豆腐をご存じだろうか?バーコードでサーフィンしてるやつである。分かる人にはわかるはず!気持ちを和ませつつ走り出す。折れた心はいかんともしがたかった。そうこうしているうちに吉冨という駅に到着。その先は山でしばらくお店らしきものがなさそうだったし、ちょうどお昼だったのでジュースとお菓子で腹ごしらえをして出発。しかし、ほんの30分くらい走ったところに美味しそうな讃岐うどん屋さんが!残念なことにお腹には入る余地はなく後ろ髪を引っ張られながらうどん屋さんを通過。激しい暑さとかなりの坂にめげまくりながらもようやくるり渓入口にに到着。水もなくなったし小腹もすいたので一休み。そこで私の目に飛び込んできたのはしし鍋の文字。『暑いときに熱いものを!』とはよく言いますが小さな声で言います。この暑さでそれは無理!きっとおいしいんだろうけど先を急ぐ。それから心を複雑骨折&号泣しながらも頂上へ到着。るり渓の感想はあえて言うまい。そうそれどころではなかった。

さて問題はここからなのだ。

最短ルートで30kmくらい。そして峠を3つもしくは4つ越えなくてはならない。しかし、私にその脚は残っていない。でも帰らなくてはならないのだ。一か八かで大回りして平らなルートを走ることにした。るり渓はそこそこ高い上に下りが緩やかなため、恐ろしく長い下り坂となった。下りに下って長いトンネルで排ガスにまみれて泣き、長い長い道のりを経て家に到着したときには18時近くになっていた。結局るり渓から50kmも走ることになってしまった。今回も行き当たりばったりと下調べミスがたたったポタリングになってしまったことは反省である。次回こそはちゃんと下調べをしていきます。

後日談
後の2日間は13段の階段を上がるのも厳しいくらい太腿パンパンでした。


走行距離:163.22km
走行時間:8h59m
平均速度:18.1km/h

コメント

非公開コメント

ちゃりだと やっぱり大変だな~
どの選択したって 自分の足が どこまでいけるのか
判断もしなくちゃいけないしね~

お疲れ様でした^^

がんばってますねー
とにかく無事おうちに帰れてようござんした。

もー・・・

まぁ、そんな時もあるわいさー



誰かが言っていたような・・・

ムリ厳禁ですよー!

■ひよこさん

そうなんですよね、判断大事です。
ただ今回はその判断材料が。。。ね。
何とか無事に戻れてよかったです。

■つるさん

ありがとうございます、相変わらずです。
思いのほか無事に家にに帰れました。

■元隣人さん

そう、そんなこともあるよね~。
いや、無くしたいこんなことは。
距離を間違えるなんて!
無理せずがんばります!

頑張ったんだろうけど

大変だったみたいですが、DOさんが面白おかしく書いてるんで、読みながら笑い転げてしまいました。
が、本当にお疲れ様でした。
走るしかない!もいいけど、本当にヤバいと思ったら、自分の体が一番大事ですから、今後は十分お気をつけて。

■よっしぃさん

実を言うとそこまで大変じゃなかったんですよ。
日のあるうちに帰ったし。
本当にヤバいと思ったら、きっと何とかしますから!
ご心配ありがとうございます。
機会があったらまた笑い転げてくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。