スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でも多く

未分類
03 /16 2011
一人でも多く無事でいてほしい。
昔旅をしていた時、世話になった人に
名前と住所を書いてもらった。
その中には岩手の宮古市、気仙沼市、陸前高田市、
大船渡市には4人もの名前がある。
他にも東北各県の人の名前がある。
名前を書いてもらっていない人とも
いろいろ話をしたりした。

地震が起きて5日過ぎた。
テレビの放送も徐々に通常に戻りつつある。
でも、被災した人とたちの状況に変わりはない。
依然、行方不明者もたくさんいる。
一人でも多く助かってほしい。

今できることは限られているかもしれません。
一人でも多く何かを考えてほしい。
一人でも多く何かを行動に移してほしい。
私もまずは募金から始めたいと思います。

コメント

非公開コメント

多くの皆さんの笑顔が戻るよう

祈るしかないし・・・

被災していない私たちが元気でいることが

大切だと思って

今ある生活を 今まで通りするようにしています。

やはりですね!

Doさんなら被災地の方にもお知り合いがいて、安否が心配な方がいらっしゃるんじゃないかと思ってました。

僕もとりあえず募金はしました。
あとは自分に何ができるのか。
無い知恵を絞って考えてみたいと思います。

本当に

本当に一人でも多く無事でいてほしいですね。
ブログに書き込む事も、多くの人に呼び掛ける手段でもありますし
DOさんの気持ちが 形となって表れていると思いますよ
私も出来る事を探して実行に移していきたいと思います(^^)

寄付

本当に大変な事になってますね。
自分も、職場単位と、個人で寄付金出しましたよ。
もっと、もっとやってあげられる事が無いかと、探してます。
被災地の方々の訴えが届くとうな、ネット動画掲示板があれば....と思ったりもします。

私も探していきます。

■ひよこさん
祈るというのも大切ですね。
そして、私たちが元気でいることも。
元気なら次への行動も移せますもんね。
私も体調を戻さねば。

■タカさん
知り合いと言っても、もう10年。
顔すら思い出せない人もいます。
でも確実に言葉を交わしているんです。
とにかく無事でいてほしいです。
私も何ができるか考えます。

■おかなえさん
本当に一人でも多く無事でいてほしい。
ブログに載せるのも一つの手ですよね。
まだ他にできることがないか探してみます。

■よっしぃさん
本当に大変なことになりました。
2回も寄付されたんですね。
それにまだできることを探しているとか。
私も負けていられませんね。
私も何かできることを探します。

祈り

世界が注目

こんなに小さな島国が
戦後から世界を引っ張ってきた

それが
自然の脅威でこんなことに・・・


とにもかくにも
皆が
笑顔で
心の底から
笑えますように


出来る限りの事を
私もしています


これからも
日本が元気でありますように

私もできることを

■元隣人さん
被災をしていない私たちが弱気になってもいけません。
自分のできることを探すのも大切ですが
まずは私たちが元気でなければなりません。
話はそこからです、がんばりましょう!!

私に出来る事

震災から12日が経ちました。

私は信頼出来るところへ義援金に気持ちを込め託しました。

それと主人と店を経営しているので普段通り経済活動
する事が被災地の皆さんにお役立て出来るのかなぁと
思っています。

いろいろあるありますよね。

■輪夢さん
震災からもうすぐ2週間。
義援金以外にもできることはたくさんありますよね。
HPの壁紙を震災関連に変えたりするのもその一つ。
見習わないいといけませんね。

福島県の現状

DOさんコメントありがとう。
毎年、広島、長崎の原爆被爆の日には記事を書かれていますよね。
福島県は今、全国から注目されています。
日中は考えないようにしているのですが、何故こんなことが起きているのかと暗くなると恐怖で眠れずにいます。
福島市は断水、停電、電話不通が暫く続きましたが現在はほぼ復旧しています。少しずつですがスーパーやコンビニも開くようになりました。並ばないと牛乳やパンは手に入りません。地物の美味しい野菜や魚が汚染されて食べられないのが辛いです。
ガソリンはまだ数時間並ばないと買えませんが少しずつガススタ渋滞も解消されつつあります。

地震と津波でなくなられた多くの方々、行方不明の方々を思うと胸が締め付けられます。
復興に向けてがんばってほしいと願っています。

福島県の浜通りの原発。30㎞以内は避難勧告が出ていますが逃げ出せずにいる人々もたくさんいます。
酪農家や病院施設、店を構えている人など。
出荷できない牛の乳や野菜を捨てています。
問題なのは、その30キロ圏内への物資の輸送が殆どされていないということです。
食糧もガソリンも灯油も薬も水も衣料品もすべて。
みんな放射線を恐れて近づかないのです。
道路もかろうじて通過できるだけの応急処置だけです。
すべては東京電力の原子力発電所のせいです。
何人死んでいるのか、何人生き埋めになっているのか、近づくことすら許されません。
・・・放射線が消えるまで福島県の復興は始めることすら出来ないのです。
原発なんかいらない。
人間はまだ原子力を使いこなすことは無理だったのではなでしょうか。
夜は一家6人ひとつ部屋で寄り添って寝ています。下半身が不自由な父や母を余震から守るためです。
暖房は必要最低限。食事もみんな揃って。テレビも一台だけ。
家や車や財産を失った方々、避難所暮らしの方々からみたら幸せです。

早く原発の収束を!

早期収束を願います

■ちゃりけんさん
ちゃりけんさん、ありがとうございます。
本当に今は世界中が福島原発を注目していますね。
悲しいかな日本以上に関心が高いのかもしれません。
ちゃりけんさんの周りはライフラインが復旧してきたんですね。
私もニュースでしか知ることができませんが
農業や漁業は計り知れないダメージですね。
それに近づくことができない以上、
遺体の捜索もできないのは家族はたまらないでしょう。
本当に迅速な対応と処置を願うばかりです。
また今日大きな余震がありましたが大丈夫でしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。