8月6日は何の日ですか?

未分類
08 /06 2008
8月6日って、何の日だか覚えていますか?
広島に原爆が投下された日です。
日々に追われ、何気なく生きていると
この日の存在を忘れるかもしれません。
新聞やテレビでも年々大きく取り上げられることが
少なくなって気がします。

  ちちをかえせ ははをかえせ
  としよりをかえせ
  こどもをかえせ
 
  わたしをかえせ わたしにつながる
  にんげんをかえせ

原爆の詩の一文です。
戦争を知らない年代が増え、
戦争はもはや過去のものになりつつあります。
しかし、過去にしていいものと
してはいけないものがあるはずです。
一年間でこの時期しか
平和について報道されることは
あまりありません。

だから、一年にこの時期くらい
平和について考えてもいいんじゃないでしょうか?

コメント

非公開コメント

そうですね
いつまでも平和がいいですね

夏のこの時期
熱く戦争について考える
それって 大切だと思います

胸が痛い

平和を望む心
戦争という過去に対する考えや気持ち。
あたしは偉そうに語る前にまず、広島にいって見なければ駄目です。
日本人として。


今年も

やっぱり書いてらっしゃいますね。
広島・長崎
忘れちゃいけない。
未だに核を保有している国が信じられないくらい多い。
地球から核兵器がすべて無くなる日は来るのでしょうか。

それにしても、この詩はすごいですよね。


■ひよこさん
いつの時代も、どこの国でも平和であるといいですね。
この時期だけでもいい、戦争について考えてほしいものです。

■もこさん
お久しぶりですね。
昔は修学旅行と言えば、広島だったんですが
今はだいぶ違うようですね。
私は修学旅行と旅で2回行きましたが
年齢によって感じ方は違いました。
子供のうちからこの事実は
知っておくべきことだと思います。
日本人として。

■ちゃりけんさん
やりました、やっぱり。
ここでは3人の方がコメントをくれました。
見てくれた人はもう少しいると思います。
だから3人以上は考えてくれたんです。
ちゃりけんさんは自身のブログでも書いてくれました。
それをまた誰かが見るんです。
小さな繋がりに見えますが、
それは確実に大きくなっています。
どこまで大きくなるかなんてわかりません。
大きくなることを願って行動するだけです。